出前講義について

博士後期課程学生の出前講義について

本学の大学院博士後期課程の学生が高校にお伺いして、自身の研究内容や研究分野の紹介などを高校生に分かりやすくお話します。最先端の研究の話題提供や高校生との意見交換など、できるだけご相談に応じて対応します。(謝金・交通費等は本学で負担するため、不要です)
専門分野外の分野と連携するためには、異分野交流を行うことや、専門外や研究者以外の方とコミュニケーションをとることが非常に大切です。
この出前講義の制度は、専門外・研究者以外の方、特にその分野に関心がある高校生や高校の先生に、研究内容や研究分野について講義したり、最先端研究者としてアドバイスしたり、高校生からの相談に応じることで共感力を研鑽し、学生の企画力、コミュニケーション力、伝える力を育むための方策として実施するものです。

出前講義のチラシはこちら 博士後期課程学生による出前講義について

お申込みはこちら

出前講義に関するお問い合わせはこちらのアドレスまでご連絡ください。
「双対型」人材育成(FS-SPRING)プロジェクト事務局
e-mail:soutsui_spring(a)jmj.tmu.ac.jp

※(a)を@に変えてお送りください。

 

出前講義に関する注意事項

  • 出前講義実施予定日の3か月前を目途にご相談・お申込みください。また、出前講義は例年、7月、3月はご依頼が集中致します。この時期をご希望の場合は、3ヵ月前を目途に、出来る限り早期にご連絡ください。
  • 同一講義を複数回(同じ講義を学年全体へ3回にわけて行う)等は対応しておりません。
  • 連続した講義(指定曜日・時間に複数回の実施)には対応しておりません。
  • 出前講義は、高校生に「研究者・博士」という一つのキャリアを紹介するという位置づけでの実施となります。大学の紹介、最先端の話題提供という位置づけでのご依頼は、別途高大連携室までお問い合わせ頂けますようお願い致します。

これまでの出前講義タイトル・内容一覧を見る