外部資金

SICORP 令和5年度採択 e-ASIA 共同研究プログラム 共同研究課題募集「Climate Change and Health Research」領域

掲載日:

資金配分機関
日本医療研究開発機構(AMED)
対象分野
ライフサイエンス
獣医学、動物生命科学、実験動物学、分子生物学、ゲノム生物学、システムゲノム科学、細胞生物学、神経科学一般、薬系化学、創薬科学、薬系衛生、生物化学、環境、天然医薬資源学、医療薬学、寄生虫学、細菌学、ウイルス学、免疫学、腫瘍生物学、腫瘍診断、治療学、血液、腫瘍内科学、膠原病、アレルギー内科学、感染症内科学、衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む、衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない
金額 1課題当たり年間7,500千円(上限)
研究期間 最長3年0か月(令和6年1月~令和8年12月)
キーワード
その他国際
がん 感染症 AMR 多国間共同研究 鳥インフルエンザ コレラ デング熱 薬剤耐性 新興ウイルス感染症 H5N1鳥インフルエンザ HIV/エイズ インフルエンザ 肝吸虫症 マラリア 顧みられない熱帯病 感染症のアウトブレーク 結核 東アジア地域特有の疾病 慢性感染症関連がん 大腸がん 環境要因のがん 社会的・精神的負担の高いがん 肝臓がん 胆管がん 肺がん 胃がん 気候変動
公募期間 公募中 公開日:2023年02月02日 締切日:2023年03月30日
学内締切 2023年3月23日(木)
応募要件 応募対象者は、【Application Guideline】のAppendixに記載の「 I. Eligibility for Japan-based applicants 」をご確認ください。
募集要項 e-ASIA 共同研究プログラム(e-ASIA JRP)は、平成24年6月に発足した東アジアサミット参加国を参加想定国とした多国間共同研究課題支援プログラムです。
本プログラムは、東南アジア諸国において、科学技術分野における研究交流を加速することにより、研究開発力を強化するとともに、環境、防災、材料・代替エネルギー、農業、医療研究(感染症、がん)など、アジア諸国が共通して抱える課題の解決を目指しています。
今回の「気候変動とヘルスリサーチ領域」で公募に参加する研究資金配分機関は以下です。
○募集分野 
①気候変動に関する感染症 ”Climate-related Infectious Diseases" 
②気候変動に関するがん ”Climate-related Cancer”

https://www.amed.go.jp/content/000107788.pdf
応募方法 応募者(日本側研究者)は、
(1)Lead PIによるe-ASIA JRP事務局への共同研究課題提案書のeメールによる提出
(2)e-Radによる応募書類の提出
の両方が必要となります。
※(2)e-Radによる提出の際は、部局での承認処理及び研究推進課での機関承認が必要となります。
詳細は公募要領等をご確認ください。
公募詳細:https://www.amed.go.jp/koubo/20/01/2001B_00056.html